図面のらくがき

AutoCAD LT講座

AutoCAD LTを使って2次元の図面が描けるようになるための解説サイトです。

基本的な使い方から実用的な使い方、役に立つ使い方まで分かりやすく解説します。

仕事でAutoCAD LTを使って図面を描くことになった方
実習でAutoCAD LTを使う学生さん
違うCADからAutoCAD LTを使うことになった方などに
オススメできるページにしていきます。

YouTubeでAutoCADの解説しています。

 

AutoCAD LTとは
建築系、電気系、機械系など業種を選ばない2D 図面作成のための汎用CADです

新着記事

0-06a. 画層・線種設定1
画層とは 画層は機能や目的によって図面内のオブジェクトを編成する主要な方法です。 レイヤとも呼ばれますが、漢字だとイメージしやすいと思います。 画層機能を活用して、表示されている必要のない情報を非表示にすることにより図面の視覚的な...
0-05. UNDO & REDO
UNDO & REDO 元に戻すは実行したコマンドを取り消します。 やり直しは実行したを取り消します。 はファイルを開いた状態まで戻すことができます。 印刷やファイルへの書き込みなど、現在の図面の外部へ実行された操作...
0-04. 画面の拡大縮小移動
画面の拡大縮小移動 画面を拡大、縮小、移動するためのコマンドにはやがあります。 これらコマンドを使わなくてもホイールマウスの操作で画面表示の拡大、縮小、移動をすることもできます。 今回は覚えておくと便利な画面表示の拡大、縮小、...
0-03. オブジェクト選択
オブジェクト選択 AutoCADではオブジェクトを選択する方法がたくさん用意されています。 今回は覚えておくと便利な選択方法についていくつかご紹介していきます。 コマンドラインに「オブジェクトを選択」と指示が出ているときに実行しま...
0-02. 相対座標と絶対座標
絶対座標と相対座標 作図領域内には方眼紙のメモリのような座標が設定されています。 横方向がX値、縦方向がY値として位置を表します。 X方向の右が正方向、左が負方向で、Y方向の上が正方向、下が負方向です。 絶対座標 X軸...
タイトルとURLをコピーしました